テレビでみた映画。やっぱり名作だなって思います

テレビで放映されていたジブリアニメを見ました。本当に切ない物語。「火垂るの墓」。実際にあっただろうこのお話は、とても辛いものです。名作って言われているのがわかります。戦争孤児の行く末、保護されなかった子供。今は考えられない話ですが、本当にこういうことがあったのかと思うと、せつなくて悲しくなります。戦争による不幸は、もう二度と起こってほしくないものだと、見ていて強く感じました。私一人が何もできないけど、戦争に反対なのは、明らかです。こういう話を美談として片付けてしまわないように、しっかりしておかないといけないなって思います。一般の人たちだけでなく、こういう間違いを犯しやすい政治家の方々が、この作品をみているといいのになって思います。もちろん日本だけではなく、他の国の方にも、この作品をみてほしい。戦争の傷がどんなものか、残されたものがどういう生活を強いられるのか。辛い話です。この日箱の映画をみて、なんだか色々と考えてしまう日でした。人とのつながりも、こういう時に本心が見えるものですね。子供 視力回復 アイトレーニング