年寄りの小言ほど自分の営業に生かされるものは弱い

ダディ3人類でホルモンと国内酒片手に語らう。

僕(23)、チーフ(58)、他社マネージャー(57)という布陣。

自分からすれば、二移り限り違う、

いいえもしや家族に見られてしまってもおかしくないのかもしれない。

ただ、自分の性格上同クラスよりもなんだか年上が好きなところがあり、

そういったところは極めて苦に諦めるある意味“変人”なのかもしれない。

3人類での講話を振り返る。

マネージャー:若いうちは、やりたいことをやれ。いいか?自分陣はな、仮に失敗してしまったら手駒などに「なんだこの人」と思える。

けどお前はな、失敗しても、「まだまだ初々しいから」と周りに思われてそれでおわりなんだよ。それを未来生かすか何とかというのは、自分次第だが、けど、その失敗しても自分陣が尻拭いをすればいいだけの物語なんだから。

チーフ:○○ちゃん(自分)は、自分の醍醐味をやりなよ。例えば得意なものがあるだろう。それをやってみたら?今は、とことんなところがあるかもしれないけど、まだまだ落ち着いたらまたなるんだからさぁ。

そこで自分のやりたいことをやって、失敗しても自分が義務を負えばいいんだから。

さらに動けよ!!

タイムは、深夜の1ままなっていた。

いっきだった。

自分に自信がないのが僕だが、

けどほんの少しずつでもいいからちっちゃな確信が押し付けばまた大きくなっていくとおもう。

根が後ろ向きなところがあるから、

思いから変革して赴き、時間をかけてでもいいから変えていこうと思う。