涼しくなってきたけど、いつまでも片付かない扇風機

最近、朝と夜はすごく涼しくなってきて、羽織るものが欲しくなるくらいです。
でも、昼間はまだまだ暑くて、エアコンをつけたりするような日もあります。
季節が秋になったり、火と思えば夏に逆戻りしたりするような感じで、天気予報の翌日の気温なんかに注意を払っています。
でも、だんだんと部屋の中にある扇風機が手持ち無沙汰で、淋しそうな雰囲気を出してきました。
私は、普段は仕事で日中に家にいることがないので、それほど扇風機を使っているわけではありません。
なので、早く掃除をしてしまってあげたい気もするのですが、でも、週末家にいるときには、扇風機がないと心許ない感じもします。
まだまだ暖房を出したり、毛布を使うには早い時期です。
エアコンをつけるほどでもないが、ちょっと部屋が蒸し暑くなるなんてこともあったりします。
こんな風に、「もう少し出しておいたほうがいいかな」なんて考えていると、結局いつまでも部屋に出していることになるのがオチです。
でも、そんなことはわかっているのですが、季節の変化が読めず微妙なタイミングは、見極めが難しいものです。
いっそ思い切って、次の週末の、部屋の掃除がてらしまってしまった方がいいのかもななんて思ったりしてしまいます。

ある意味毎日新しい出会いを経験している私

私は眠ったらほぼ毎日夢を見ます。よほど体力的に疲れきって深く眠った時は見ませんが、最近では体力をそこまで消耗することもめったにないためほぼ100パーセント夢を見て眠っています。最近特に自分の夢で不思議に思うことがあって、それは「全く知らない人」が夢にたくさん出てくることです。あれはなんなのでしょうか。
でもその知らない人たちが夢の中で何かいやなことをしてくるとしたら大変苦痛ですが、別にそんなことはありません。普通に話したり、時には友達のように仲良くなったりしています。でも知らない人たちなのです。夢から覚めると「今日もまた知らない人いたなあ」と思うのが普通のことになってきました。
夢占いなどを見ても見解がいまいちバラバラなので、どれを信じていいのかわかりません。でもいやな感じとか怖い感じがすることがないので「セーフ」ということに勝手に決めて安心することにしました。まあ縁日で一緒に焼きそばを食べて喜んでいるような夢なんだから悪い意味はないだろうと思っています。キャッシング 即日 融資