信号機のたびに車が止まるとさすがにイライラする

ときどき住宅街などの細い道であるのですが、信号のある交差点の都度、赤信号に引っかかったりすることってありますよね。
昨日も、仕事から帰るときに、ドラッグストアに寄って買い物をしました。
で、買い物を終えてドラッグストアから家に帰ろうとしたときに、50mとか100mくらいの間隔で信号に止められてしまったんですよね。
ようやく加速も乗ってきたかなと思うタイミングで、目の前の信号が黄色に変わり、そして止められる…。
そういうことが4、5回も続けば、誰だってさすがに微かな苛立ちを覚えるのではないでしょうか。
大きな幹線道路などでは、車がスムーズに流れるように信号が計算されている印象があります。
でも、少し細い道に入るとこういうことがあったりするんですよね。
それこそ、青になって思いっきりアクセルを踏んでスピードを出せば、いくつかの信号は止まらずに進めたかもしれません。
でも、それはそれで運転が荒くなるのでおとなしく待っていますが、もう少し信号の配置やタイミングは考慮してくれても良さそうな気がしてしまいます。

稲もみを育てるためのプールを作る手伝いをした

今日朝起きてすぐ昨日切れたスウェットズボンのひもについていた金具を捨てにキッチンに行ったら父にプールを作る手伝いをしてくれるよう言われました。
それは稲もみを育てるためにビニールハウスみたいなものでいつもは私は手伝いませんが今年はやってみることにしました。
いつやれるか聞かれたのですが別にいつでも良いので父の都合の良い時にしてくれと言いニンニク畑に水やりに行ったのですが、そこに父が来たのですぐプール作りをすることになります。
棒の中に液体が入った瓶が取り付けられている水平かどうか調べる器具を使いつつ設置する場所を平らにし、それからシートを敷いて周りを木の板で囲んで杭と洗濯ばさみで固定します。
さらに上をまたぐ弧になっている棒を置き、その上にシートを置いてそのまた上に棒を置いて固定し、さらにシートの縁を金属の棒で固定して出来上がりです。
大体1時間くらいかかったでしょうか。
近所の満開の桜を見られて朝の空気もたっぷり吸ったので気分良くなりました。